• miho

違いは何?|オーダースーツ 大阪


先日、

あるスーツ屋さんで初めてオーダーメイドでスーツを作ったという男性と知り合いました。

私がスーツを作っていると知って、話しかけて来てくださったんですが......

どこか、パッとしない表情。

話を聞くと、

「仕上がって来たスーツのパンツが大きい」らしい。

どのように大きいのか、もう少し詳しく聞いてみると、、、

・ウエストサイズは合っている。

・長さ(丈)も合ってると思う。

だけど、

・太ももの辺りから膝まわりがダブダブでカッコよくない。

なるほど…...

初めてオーダーメイドに挑戦したのに、

思っていた仕上がりじゃないのはショックですね。。。

ひと言で「オーダーメイド」と言っても、実際には

・フルオーダーメイド

・イージーオーダーメイド

・パターンオーダーメイド

仕立て方法やサイズの修正の仕方によって、この3つに分かれます。

「フルオーダーメイド」は採寸をし、一人一人に合わせた型紙を引き、裁断、縫製、プレス・仕上げを一人の職人さんが手作業で行ないます。仮縫いもおこないます。

その分、高額であることが多い。

「イージーオーダーメイド」は、既製サイズの型紙を、一人一人に合わせて修正し、仕上げる方法。

採寸もきちんと行い、着丈やパンツ丈などの縦の修正だけじゃなく、肩幅や胴回りなど、横幅の修正も可能なため、身体に合った仕上がりが可能です。

「パターンオーダーメイド」は、ゲージと呼ばれるサイズ見本を着てみて、一番身体に合うサイズを選び、丈だけ修正するというもの。

『オーダースーツ』と看板を出していても、お店によって出来る事や方法はさまざま。

どこまで対応してくれるのか、価格、納期など、自分の希望に合わせてしっかり確認し、

納得した上で注文することをオススメします。

先日、私に話しかけて来てくださった男性は、おそらく「パターンオーダー」で、

さらに体型やシルエットもあまり選べないお店だったのかもしれませんね。

copiaはと言えば「イージーオーダー」。

ですが、copiaのイージーオーダーは独自の「優しいオーダーメイドプログラム」を取り入れているため、ひと味違います!

それは、

型紙を作成する技術を持っているため、より正確な採寸と、

お一人お一人の体型に合わせたサイズ決定・微修正やクセ取りが可能です。

技術者としての経験上、1cmの違いが着心地に大きく影響することを知っています

そして、お一人お一人のご希望やライフスタイル等、しっかりお話を聞かせていただくことを大切にしています。

身体の寸法が同じ方でも、個人のお好み、着用シーンや用途によって、仕上がり寸法が同じでいいとは限りません。

お一人お一人に合わせた仕上がりをご提案させていただいています。

copiaの優しいプログラムで作るオーダースーツは、パターンオーダーの価格で「1cmの違いにこだわり、フルオーダーメイドの着心地をご提供」します。

#オーダースーツ #自分に合う #サイズ #メンズスーツ #着心地

62回の閲覧0件のコメント

Copyright (c) copia All Rights Reserved.